友と共に伸びんとす。<私の生きる意味>

 

 

この世にはね、良い友人というのは、二種類しかないんだよ。

ひとつは、自分を引き上げてくれる友人。

もうひとつは、自分と共に進んでくれる友人。

 

先週、友人が言っていた。

いつも沢山引き上げてくれて、共に進んでもくれるその友人の言葉には、説得力がある。

 

蓋を開けてみると、今のわたしにはそのような友人ばかりだ。

そして、わたしもそのような友人でありたいと思う。

 

自分の才能を使って、助けになりたいし、共に前に進みたい。

自分の才能が、誰かの才能を呼び覚ますきっかけや輝きを増す助けになるのなら・・・

自分の才能を、能力を、わたしは遺憾なく発揮しよう。自分の能力を開花させよう。

 

自分の家族だけが豊かになる幸せ観が、すでに自分の中で薄れていることに気付いた。

 

それは、前提だったんだ。

私の家族を、私とパートナーとすると、すでに幸せだ。

でも、わたしの愛おしい人たち、わたしの友人たちも自分の家族だと考えると・・・

 

まだ、これからだ。

 

わたしの中の大きな愛は、きっと親しい人たちだけでは終わらない。

いつか出会う、わたしの愛おしい友人たち。

世界中の友人たち。

この世界の、人類のよい友人となるべく、わたしの才能を発揮する。

 

私の才能のひとつは、コーチング。

 

クライアントから、

「生きやすくなった」

「自分のありのままの姿で、最初から充分だったんだ。」

そのような言葉を聴いて、わたしは、自分の才能をまだまだ開かせて、満開にさせようと思う。

 

死ぬまで、満開を目指す。

死ぬまで、緑の自分で伸びんとす。

人の花が開く手助けをしながら、わたしは、友人たちと共に、満開を目指し、伸びんとし、死ぬ。

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    1990年 12月12日 大阪府箕面市生まれ 2009年 大学へ 上智大学 文学部英文学科に入学 都内某ホテルにて4年間アルバイトをする。 塾にて小学生/高校生に複数教科を教える。 ラクロス部に入部。3年生の終わりに退部。 2013年 社会人に 神奈川県私立小学校にて英語科教員を勤める。 2017年 8月にコーチングと出会う。 銀座コーチングスクールにてコーチングを学ぶ。 11月に月に1度の読書会を初めて主催。 2018年 退社 3月末に小学校を退社。 4月からコーチングで独立。 4月16日 〜 5月20日 スペインでの聖地巡礼 サンティアゴ・デ・コンポステーラへ